エステでヒゲ脱毛を受ける場合の肌への影響

エステでヒゲ脱毛を受ける場合の肌への影響

自宅でヒゲ脱毛クリームを使用していると、肌に激しい痛みを感じることがあります。

処理後は口の周りが赤くなったり、かゆみが出てくる方も少なくはありません。

特に敏感肌の方は、このような症状に注意する必要があります。

スポンサーリンク

ヒゲ脱毛クリームで肌に影響が出たり、痛みが苦手な場合は、エステなどで施術してもらうのがおすすめです。

ただ、エステでヒゲ脱毛しても肌に影響が出るのではないか、と考える方も中にはいます。

しかし、ヒゲ脱毛の方法によってはほとんど影響がありません。

ヒゲ脱毛の方法によって肌への影響は異なる

肌へ影響を与えない脱毛方法はニードル脱毛です。

人によっては施術時に痛みを伴うことがありますが、毛穴を処理するだけなので肌には何の変化もありません。

赤くなることも、かゆみが出ることもないため、敏感肌の方でも施術してもらうことができます。

毛穴が少し痛むことはありますが、一時的なもののため、数日経てば元に戻ります。

ヒゲ脱毛クリームで影響が出る方は、ニードル脱毛を選んでも良いでしょう。

フラッシュ脱毛は、人により肌に影響が出てしまう場合もあります。

メラニンに対して光が反応を起こすため、日焼けをしていると効果がほとんど得られません。

刺激によってアトピーや発疹ができる方は注意が必要です。

光が肌を刺激し、これらの症状が出てしまうおそれもあります。

レーザー脱毛は肌への影響が少なめです。

ただし、施術する部位によっては肌荒れが起こったり、皮膚が赤くなってしまう場合もあります。

こちらも個人差がありますので、全く影響が出ない方も少なくありません。

また、肌荒れなどが起こるといってもずっと続くわけではなく、ニードル脱毛と同じように数日経てば元に戻ります。

施術後に軟膏などを処方してくれるクリニックもあります。