ニードル脱毛とは

ニードル脱毛

数あるヒゲ脱毛の中で、多くのエステで採用されているのがニードル脱毛です。

ヒゲを1本ずつ、特別な針を使って処理していく方法になっています。

針と聞くと脱毛に向いていないように思えますが、実は一番古い歴史を持つ脱毛方法でもあります。

スポンサーリンク

ニードル脱毛はヒゲに限らず、足や腕など、他の部位の脱毛に古くから採用されてきた方法です。

そのため、さまざまな脱毛方法の中でも比較的効果が高く、実績の多いクリニックも存在します。

料金体系だけが少し特殊になっていますが、ほとんどのエステでは1分単位での加算なので、料金を計算しやすいという特徴があります。

ニードル脱毛の施術方法

ニードル脱毛では、専用の針に電流あるいは高周波を流すことでヒゲを処理していきます。

ヒゲ脱毛では、電流よりも高周波のほうが普及しています。

高周波が送られた針をヒゲの毛穴に差し込み、毛根や周辺の組織を刺激します。

すると組織が破壊され、ヒゲがほとんど生えてこなくなる仕組みです。

毛根に直接針を差し込むことになるため、人によっては肌が炎症を起こす可能性があります。

施術回数がレーザー脱毛やフラッシュ脱毛と比べて少なくて済み、高い脱毛効果を期待できる方法です。

ニードル脱毛で使われている針は、主に金属が採用されています。

そのため、金属アレルギーが気になるところですが、実際はアレルギーが起こるリスクもほとんどありません。

ニードル脱毛では、金属アレルギーのリスクを減らすために、チタンや金などが使われています。

これらの金属はアレルギー反応が起こりにくいと言われているため、アレルギー体質の方でも安全な施術を受けることができます。

エステによっては、針の表面をコーティングした絶縁針が使われている場合もあります。