ヒゲの自己処理方法について

ヒゲの自己処理方法について
ヒゲの自己処理方法について

ヒゲを自己処理する方法は限られています。

一般的には、剃るか抜くかのどちらかです。

スポンサーリンク

通常はヒゲを剃ることが多いのですが、中には抜いてしまう方もいます。

しかし、ヒゲは毛根が奥深くにあるため非常に抜きづらく、剃るよりも肌へ大きな負担を与えてしまいます。

また、ピンセットなどで抜いたとしても数日経てば生えてくるため、結局延々と抜くことになる場合も珍しくありません。

痛みも激しく手間もかかってしまうので、ヒゲは剃ってしまう方が多いのです。

ヒゲ剃りの欠点

しかし、ヒゲ剃りにも少なからず欠点があります。

まず、カミソリ負けしてしまうことです。

カミソリ負けは、ヒゲを剃った後に肌が赤くなったりすることで、人によっては出血する場合もあります。

かゆみや小さな発疹が出てしまうこともあり、痛みで数日ヒゲが剃れなくなる方も中にはいます。

ヒゲ剃りの回数を減らしたり、なるべく控えるようにしている方も少なくありません。

特に肌が弱いとカミソリ負けしてしまうことが多く、何度も悩まされてしまうこともあります。

また、ヒゲを剃ると青ヒゲに悩まされてしまうこともあるのです。

青ヒゲは、剃った後が青く見えてしまう状態で、深剃りしたときなどに起こります。

特にヒゲの濃い方ほど青ヒゲになりやすいのです。

肌が白いと、青ヒゲが目立ってしまうこともあります。

そのため、青ヒゲで悩んでいる方も多数います。

自己処理にはこのようなデメリットもあるため、ヒゲそのものをなくしてしまうのも良いでしょう。

ヒゲは脱毛することが可能なため、場合によっては大きなメリットを得られます。

ヒゲが濃くて青ヒゲになりやすい方はもちろんのこと、一本一本が太い方でも脱毛はできます。

処理が面倒になったらヒゲ脱毛も検討することが大切です。