ヒゲの永久脱毛

自分で脱毛するのは危険、永久脱毛は医療機関で

自分で脱毛するのは危険、永久脱毛は医療機関で

ヒゲや腋毛、デリケートゾーンなどの毛が気になって自分で脱毛をしようという方も多いのではないでしょうか。

しかし、自分で行う脱毛にはリスクも伴わなくてはいけません。

そこで、自分で脱毛してはいけない理由をいくつか挙げていきましょう。

毛周期を把握する必要がある

一つ目は「毛周期を把握しておかないと脱毛効果は低い」ことです。

毛周期とは毛が生えるサイクルのことをいいます。

医療機関ではしっかりと根元から脱毛が出来るように、毛周期を見ながら施術を行っていきます。

しかし、素人では毛周期を把握することが難しいため、脱毛をしても効果が現れにくいのです。

肌・毛穴への負担

二つ目は「毛抜きを使用した場合、肌・毛穴に負担をかける」ことです。

毛抜きを使用して毛を抜く際には痛みを感じます。

確かに医療機関でもニードル脱毛といった方法がありますが、施術後のケアも行うため肌・毛穴への負担を軽減することができるのです。

肌トラブルへの懸念

三つ目は「肌へのダメージを繰り返してしまうと黒ずみ等の肌トラブルが起きやすい」ことです。

自分で脱毛した後にしっかりとしたケアを行っていないと、肌へのダメージが蓄積され、肌トラブルを引き起こしてしまいます。

そのため、自身の悩みを増やしてしまう可能性が出てきます。

毛が太くなる

四つ目は「毛が太くなる」ことです。

脱毛への知識がない状態で、むやみに脱毛を行ってしまうと毛が太くなっていきます。

すると、今まで以上に処理が大変になり、悩みがさらに大きくなりがちです。

医療機関で治療がオススメ

四つの理由を見てみると、自分で脱毛を行うことにどの程度のリスクがあるのかが良く分かります。

そのため、永久脱毛を行う際には医療機関で治療をすることをオススメします。

医療機関では肌にかかる負担を最小限にし、肌を綺麗にしながら脱毛を行うことが可能です。

特にヒゲなどの毛が濃い部分には、医療機関の治療が最適です。

自分で脱毛を行っている方はこれを期に、医療機関での治療を考えてみてはいかがでしょうか。

肌トラブルを避けるためにも、自ら脱毛を行うのは控えてください。

ヒゲ脱毛なら全国のRINX(リンクス)

MEN'S TBCヒゲ脱毛