ヒゲ剃りによる肌への負担は大きい

ヒゲ剃りによる肌への負担は大きい

ヒゲを剃っていると、時折剃った部分がかゆくなったり、赤くなってしまうことがあります。

ヒゲ剃り後に血が出てしまうこともありますし、ブツブツと発疹のようなものが出る場合も珍しくありません。

もちろん人によりけりですが、このような状態はカミソリ負けしてしまった証拠です。

スポンサーリンク

カミソリ負けすると、ヒゲの部分だけが赤くなってしまうばかりか、出血すると傷になってしまいます。

見た目にも影響するため、状態によっては恥ずかしく思うこともあるでしょう。

カミソリ負けは、たとえ肌が弱くなくても起きてしまうのです。

カミソリ負けが起こることでわかるように、ヒゲ剃りは肌に大きな負担をかけてしまいます。

特に負担が大きいT字形

特にT字形の使い捨てカミソリを使っている方は、カミソリ負けが起こってしまうリスクも高いのです。

刃が肌の表面を傷つけてしまうため、赤く腫れたような状態になってしまいます。

ヒゲを深く剃ろうとすると肌を余計に傷つけることになり、血が出てしまうこともあります。

電気式のシェーバーを使うと、カミソリ負けのリスクを減らすことができます。

しかし、シェーバーは元々深く剃れない製品が多く、逆に剃り残しが目立ってしまう場合もあります。

製品によってヒゲを剃る力が全く違うため、自分に合ったシェーバーを探さなくてはいけません。

きれいに剃りたいのであれば、従来通りT字形のヒゲ剃りを使うことになるかもしれません。

使い捨ての場合でも、製品はしっかり選ぶことも大切です。

ただ、ヒゲ剃りの行為そのものが肌に負担を与え続けるため、ヒゲ脱毛も検討してみると良いでしょう。

ヒゲ脱毛をすればヒゲ剃りの回数を減らすことができるため、肌に与える負担が減ります。

また、カミソリ負けで悩むことも少なくなります。