使い捨てヒゲ剃りはどう選ぶ?

使い捨てヒゲ剃りの選び方

ヒゲ剃りをするとき、多くの方はT字形の使い捨てヒゲ剃りを使用しています。

ヒゲが濃くてシェーバーでは全然剃れない方や剃り残しができてしまう方は、使い捨てのヒゲ剃りが向いています。

また、普段シェーバーを使っている方でも、充電が切れたときのために用意しておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

スーパーやコンビニ、ドラッグストアなどで買うことができるため、いつでも簡単に入手できるのが使い捨てヒゲ剃りの魅力です。

価格も安ければ1~2本入りが100円台から買えますので、財布に与える影響も少なくて済みます。

しかし、使い捨てのヒゲ剃りは肌に与える負担が大きく、傷つけてしまうことも珍しくありません。

そのため、きちんとした製品を選ばないと、カミソリ負けを引き起こしてしまう場合もあります。

単に安いからといって使い続けていては、カミソリ負けが頻発することもあります。

T字形の使い捨てヒゲ剃りを使う場合も、じっくり選ぶようにしましょう。

使い捨てのヒゲ剃りの選び方

まず最初に見ておきたいのは刃の枚数です。

使い捨てのヒゲ剃りは、製品ごとに付いている刃の枚数が異なります。

1~3枚の製品が多くなっていますが、4枚ないし5枚付いていることもあります。

一般的に、刃の枚数が多いほど肌へ与える刺激も少なくて済みます。

刃の枚数が1枚のものは負担が大きいため、それ以上のものを選ぶことが重要です。

かといって4~5枚の製品を選ぶと、逆にヒゲが剃れなくなる場合もあります。

4~5枚刃の製品は、剃りにくいことが珍しくありません。

剃りやすく、肌への負担も軽減できるのは、2~3枚刃のものです。

ただ、肌への負担は刃が多いほど少なくなるため、肌が弱い方、負担を減らしたい方は4~5枚刃のものが向いています。