ヒゲ剃りに使うシェービング剤の違い

シェービング剤

ヒゲ剃りのとき、多くの方が使用するのがフォームやジェルなどのシェービング剤です。

もし使用せずにヒゲを剃ると、必要以上に肌を痛めてしまうおそれがあります。

そのため、ヒゲを剃る際にはシェービング剤が欠かせません。

スポンサーリンク

シェービング剤には主に、クリーム状のフォームと、そのまま塗りつけるジェルの2タイプがあります。

しかし、どのような違いがあるのか分からず、特に気にせず使っている方も少なくはありません。

実際には、ヒゲの状態に合わせて、適切なほうを選ぶ必要があるのです。

ヒゲを剃るなら違いを知ることが重要になります。

ヒゲ脱毛クリームとジェルの違い

プッシュすると泡状になるシェービング剤がフォームです。

泡をヒゲに直接塗りつけます。

フォームは多くの方が利用しているシェービング剤で、肌の弱い方に向いています。

泡のきめ細かな製品が多くなっており、肌への負担も少なくて済みます。

泡がヒゲ剃りの刃から肌を守ってくれるためで、使い勝手にも優れているのが特長です。

このため、シェービング剤で迷ったらフォームを選んでも良いでしょう。

しかし、ヒゲが泡で隠れてしまうので、剃れているかどうか確認しづらいという欠点を持っています。

手元が狂うと、肌を傷つけてしまうおそれがあります。

ジェルはヒゲにそのまま塗りつけるだけのシェービング剤です。

チューブなどからジェルを取り出し、ヒゲを覆うように塗っていきます。

フォームとは違って透明で見やすいため、剃り残しをなくすことができます。

目で確認しながら剃りたい方にはジェルが向いています。

ただし、メントールやシトラスが配合されている製品も中にはあるため、肌が弱い方はジェルの刺激に負けることがあります。

敏感肌の方は、注意したほうが良いでしょう。