正しいヒゲ剃りの方法

正しいヒゲ剃りの方法

毎日ヒゲ剃りをしている方も少なくはありません。

ヒゲは寝ている間にも伸びていきますので、朝起きてから出かけるまでの間にヒゲ剃りをするのが一般的になっています。

しかし、ヒゲ剃りの仕方は人それぞれであり、正しい方法で剃っている方は実は少ないのです。

スポンサーリンク

ヒゲ剃りは剃るタイミングや方法を守ることがとても重要で、もし間違えると肌を傷つけることにもなりかねません。

また、数時間後には伸びてきてしまうため、再度ヒゲ剃りをする二度手間になることもあります。

ヒゲ剃りのタイミング

ヒゲ剃りのタイミングですが、なるべく起床してから20分くらい経った頃をおすすめします。

起きてからしばらくすると肌の血行が良くなります。

しかし、起床したばかりだと肌に張りがなく、傷つけることがあるのです。

20分ほど経過すると肌も落ち着いて血行が良くなるため、ヒゲ剃りによって傷ついたり出血することが少なくなります。

それなら夜にヒゲを剃れば良いと考えるかもしれませんが、逆に避けたほうが無難です。

夜は肌が疲れていることが多く、無用なトラブルを招きかねません。

肌に張りがなくて弱々しくなっており、出血することもあります。

特に、入浴中のヒゲ剃りは避けるようにしましょう。

敏感肌の方は、かゆみやかぶれが起こる可能性もあります。

正しいヒゲ剃りの方法ですが、まずヒゲ全体を蒸しタオルで濡らします。

ハンドタオルなどを水で濡らして固く絞り、電子レンジで30~40秒加熱します。

少し冷ましてからヒゲに当て、肌を数分ほど温めます。

こうするとヒゲが柔らかくなります。

そしてシェービングジェルやフォームをヒゲに塗り、一方向にヒゲ剃りの刃を当て、ゆっくりと剃っていきます。

逆剃りは肌に負担を与えるだけですので、絶対にしてはいけません。

この手順で、しっかりヒゲを剃ることができます。