どうしてカミソリ負けするの?

カミソリ負け

そもそもカミソリ負けとは、ヒゲを剃った後に肌が赤くなったり、ズキズキと痛む状態のことを指します。

人によっては、かゆみや小さな発疹が出ることや、肌の表面が傷ついて血が出てしまう場合もあります。

このようなカミソリ負けが日常茶飯事、という方も少なくはありません。

スポンサーリンク

毎日のヒゲ剃りは身だしなみの基本で欠かせないものですが、その代わりカミソリ負けが起こるリスクも潜んでいるのです。

いつ起こるかわからないため、正しいヒゲ剃りの方法を知ることが大切になります。

カミソリ負けは、刃で肌の表面を傷つけてしまったり、必要な皮脂を取り除いてしまったときに起こります。

カミソリ負けが起こる条件とは

カミソリ負けが起こるタイミングはさまざまですが、最も多いのは、シェービング剤を使わずにヒゲを剃ったときです。

シェービング剤を使用せず、そのままヒゲ剃りをすると、肌を傷つけるリスクが大きく高まります。

そのため、カミソリ負けが起きてしまうのです。

剃りにくい場所や、きれいに剃るために、逆剃りしてしまう方も中にはいます。

逆剃りもカミソリ負けを引き起こす原因になってしまうため、なるべく避けなければいけません。

シェービング剤を使い、一方向からヒゲを剃るようにすることが大切です。

特にシェービング剤は肌への負担を和らげてくれるため、カミソリ負けしないためには必要なのです。

刃に雑菌が繁殖していると、カミソリ負けが起こりやすくなります。

刃は不衛生になりやすいため、肌の表面に雑菌が付着して刺激を与える場合があります。

雑菌は目に見えないため、使い捨ての場合はこまめな交換が欠かせません。

シェーバーを使っている場合も、ヒゲ剃り後は必ず刃を洗い、しっかり乾燥させてきれいな状態を保つ必要があります。